Community Language Learningを利用した嘘つきゲームの例を紹介します。


  Community Language Learningでは生徒同士のコミュニケーションは不可欠です。 楽しみながら、別の生徒の英語表現なども「そう言う言い方があったのか・・」と 相互作用的に学習は盛り上がって行きます。
  講師は文法理解などには日本語を使用しても構いません。このゲームのように、 余りに文法事項が多岐に渡る場合には日本語はあった方が理解は深まると考えています。

嘘つきゲーム

≪ルール≫
  @「自身の経験を元に、3つのストーリーを作って下さい。そしてそのストーリーは 2つが本当、1つは嘘の話を入れておくものとします。」
  講師はこう言って、生徒に時間を与えます。あらかじめ準備させておくのも良いでしょう。

  A講師は1例として自分のストーリーを英語で3つ紹介します。
例) 
講師:OK, I will tell three stories about my life.
No.1.I was born in Ibaraki-prefecture.
No.2.My father runs an arcade center.
No.3.I have been to Canada twice.
(上記3つは、キーワード程度を添えて黒板なりにメモしておくと次に質問がし易くなるでしょう。
  B生徒は問題の1,2,3に関して、どれが嘘かを見抜く為に質問をします。もちろん 英語でします。)

≪授業イメージ例≫
講師:You can ask any questions about these 3 stories. After that, you will guess which one was a lie. OK?
生徒A:I want to ask you about No.1. How do you eat Natto? Could you show us the gesture?
講師:Oh, I always eat Natto with an egg. like this(gesture).
生徒B: May I ask you about No.3? Which did you visit a city?
講師:あっ、'Which city did you visit?'になります。whichとcityは離れると、この場合「どの」と「町」が離れるので意味が判らなくなってしまいます。
生徒B: えーと、Which city did you visit?
講師:OK, I went to Vancouver and Quebec city.
生徒C: Could the people in Quebec speak English well?
講師:Unnn... Not really, but I could use English enough there.
生徒B: Did you visit Niagara Falls?
講師:Ahh.. Actually, no. I went there to visit my friend.
生徒A:Why didn't your friend take you there?
講師:I don't know..
・・・
...
講師:OK, which do you think was a lie?
生徒A:Uhnnn...No.3.!
生徒B:I think so, too! It's starnge for your friend not to take you to Niagara Falls.
生徒A:(あっ、to不定詞の否定形ってto notにするんだったかな…後で調べておこう)
生徒C:I think No.1 is a lie.
講師:The answer is... No.1.!! C's answer is correct!
生徒C:(喜)

--- 今度は各生徒が出題側に回ります。 ---